龍の白骨!?中国で龍の白骨死体発見。ツノもあるし3本指だってあるけど…?

ニュース

龍の白骨!?中国で龍の白骨死体発見。ツノもあるし3本指だってあるけど…?

中国で龍の白骨が見つかったらしい。全長18メートルの龍の形そのままキレイに残っている。これ本物?

龍の白骨死体が発見されたとされるのは、
中国河北省の張家口市。
骨は全長18メートルの長さ。


動画を見るとわかりますが、
頭に角があるし、
手は3本指で爪もあります。

Mystery As 60ft Long Dragon Skeleton Suddenly Appears In China

 
龍の白骨死体の周りには付近の住民だと思われる人がぐるっと取り囲んでいます。
スマートフォンで撮影している人も。

偽物? 疑問視する人も。

動画には、龍の白骨にまたがっている人がいるのが映っています。

乗っても骨は壊れないのでしょうか?

白骨は、何億年も前のものではなさそうで、肉の残り?のような赤い部分があります。

中国で龍は神聖視されているので、もしもこの白骨が本物の龍の骨ならば
中国の人たちは龍に敬意を持ち、このようにまたがったりはしないだろう、ということらしい。

それに、このようにキレイな龍の形のまま、今まで発見されなかったのはおかしいとも。


ただ、異次元から出現したのかもしれません。
高次元存在の龍がこの世に出現したけど、邪悪なこの世では生きていけず、一瞬にして白骨化したのかも?


中国の人が地域活性化、地元おこし、話題作りのために、動物の骨を集めて作ったのだとしても、
これほどの大きいものを似せて作るのは大変なのではないでしょうか。


いずれにしても夢がありますね。

張家口市

ウィキペディアより張家口市

張家口市(ちょうかこうし)は、中華人民共和国河北省北西部に位置する地級市。かつてはモンゴル語で万里の長城の「門」をあらわすハルガh?lga またはカルガ k?lga(その元の形はkaghalga)から、カルガン(Kalgan)の名でも知られていた。『北京の北門』とも呼ばれ、北京の北を取り巻く万里の長城の主要な門「大境門」のすぐ外側に位置し、ここを制したものは北方から北京を攻める場合にも、北京を守る場合にも有利になるという。

出典 http://ja.wikipedia.org

張家口市街地全景

出典 http://upload.wikimedia.org

1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
カテゴリページ(和服)

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリページ(和服)

ペット保険

スポンサーリンク

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう