マンホールのフタはちゃんと閉める!几帳面すぎるアライグマが話題に。長野市茶臼山動物園

ニュース

マンホールのフタはちゃんと閉める!几帳面すぎるアライグマが話題に。長野市茶臼山動物園

長野市茶臼山動物園で、アライグマがマンホールのフタを開け閉めして出入りする姿が人気。

きちょうめんなアライグマは
長野市茶臼山動物園のカール君。

アライグマのカールは
8歳、オス。

マンホールを「きちょうめんに」開け閉めするアライグマのカール 長野市の茶臼山動物園

 
このマンホールは元々、水道栓のためのフタ。

カールはマンホールに一度入ると閉園まで出て来ることがほとんどないらしい。

姿を確実に見られるチャンスは、午後3時から4時ごろに行われる健康チェックの時だそうです


実は、最初にマンホールに出入りするようになったのは、2009年カールと一緒に茶臼山動物園にやってきた姉のイザベル。

イザベルは2016年3月に死亡して、その後カールがマンホールを寝床にしているそうです。

アライグマがマンホールに出入りすることは、非常に珍しいことらしいです。

茶臼山動物園では、「マンホールの中にいます!」「カール」という矢印付看板を立てあります。


マンホールに入るとき、シッポだけ出ているのが可愛い!

しっぽが出てる画像

長野市茶臼山動物園

〒388-8016
長野県長野市篠ノ井有旅570-1

茶臼山動物園💕とびだせカール君

ツイッターより

1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
カテゴリページ(和服)

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリページ(和服)

ペット保険

スポンサーリンク

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!