新事実。ひふみんパンダ好きだった?加藤一二三がパンダのシャンシャンの名前応募していたことを明かしたけど、この名前って…。

パンダ

新事実。ひふみんパンダ好きだった?加藤一二三がパンダのシャンシャンの名前応募していたことを明かしたけど、この名前って…。

ひふみんこと、将棋棋士の加藤一二三氏がテレビ番組でパンダ好きで上野のパンダの赤ちゃんの名前に応募していたことを明かすが…。

テレビ番組「アウト×デラックス」の2017年10月5日の放送で、「ひふみん」の愛称で人気の将棋棋士の加藤一二三氏(77歳)がパンダが好きだということを告白。

この「アウトデラックス」の番組では、「ひふみんの人生でやりたい5つのことをかなえるバスツアー」という企画で
「パンダとゾウに会いたい」と希望!?
それで、ナインティナインの矢部浩之さんとスタッフとともに上野動物園へ。


 
 
ひふみん、実はパンダ好きだということを明かし、
上野動物園の赤ちゃんパンダの名前応募もしていたとか。

上野のパンダの赤ちゃんの名前は、「香香(シャンシャン)」に決まったけど、
ひふみんこと、加藤一二三さんは、いったいどんな名前で応募していたかというと…。
 

しゃんしゃん



ハナチャン

 
中華の華はハナとも読むから、ハナチャン

だと説明していました。


応募する時のハガキを郵便局に持って行くところまで放送していたから、ひふみんのパンダ好きは前からわかっていたのでしょうか?


番組の中では加藤一二三さんの名づけた「ハナチャン」をみんなで笑っていたけど!


いい線いってるんじゃない!?

って思いました。


安住紳一郎の日曜天国で安住アナが候補に「さくら」をあげてたような気がする。

「さくら」と「ハナチャン」は違うけど、なんとなく雰囲気が…。
共通してるのは「花」だけだけど。


ひふみん、上野動物園でインスタ映えする写真を撮る、ということで人生初のスマホで自撮り写真を撮っていましたが、なかなか面白い。

親らしいパンダを見て勝手にお母さんパンダだと思って興奮して見ていましたが、実はお父さんパンダでした。

そして、パンダよりもゾウやトラではしゃぎまくり、
まるで初めて動物園に来た小学生みたいでした(笑)

面白い

1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
カテゴリページ(和服)

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリページ(和服)

ペット保険

スポンサーリンク

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸